2009年04月01日

CADスクールの受講料について

CADの技術だけならまだしも、インテリア関係のCADなど職種を限定して学ぼうとすると、独学だけではどうしても限界があるのではないかと思います。

スクールに通った場合でも、受講期間が職種の知識や技術も教わるために長くなったり、教材等必要となる資料の費用とかも重なって高くなったりしてしまう場合があります。

ですから、スクールを選ぶ際にはよく期間や費用のことなども重要事項として考えなければならないと思います。

事前にスクールに質問したりしてしっかり計算しておくことが大切となります。

よく、後で問題になってしまうケースとしては、各種試験前の対策講座は別料金として計上されてしまったり、教材費が思ったより高くついてしまったりするケースです。学費に関してはトータル費用制や月謝制などがあり、支払方法も一括払い、分割払いなどあります。ここで注意しておく点ですが、受講途中やむを得ずスクールを辞めなくてはならない場合、学費の扱いはどうなってしまうのかきちんと確認しておくことです。
一括払いした場合、途中で辞めても自己都合ということで、返金されない場合が多いです。確認をしないでトラブルになってしまうケースが非常に多いので注意しましょう。

スクールによっては厚生労働省から支給される「教育訓練給付制度」を用いている場合があります。対象となるのは、現在または過去に雇用保険にある一定期間以上加入していることです。自分がその受給対象であるかも含めて確認しておいた方がいいと思います。
posted by ゆゆ at 09:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。