2009年07月16日

CADに関する資格

CADスクールなどに通う目的のひとつとして資格を取りたいという方もいると思います。

ではCAD関連の資格に関していったいどういう資格があるのかご紹介してみたいと思いますのでぜひ参考にしてみてください。

【CADトレース技能審査】
この審査は民間よりは少しだけ力がある資格で、厚生労働大臣認定の公的な資格です。誰でも受験することができるわけではなく、実務経験があるひとという条件が付きます。

【CAD利用技術者試験】
このCAD利用技術者試験は民間の試験ですので、国家資格ほどの権力はありませんが、就職や転職の際に有利になる資格のひとつとなっています。誰でも受験することができ、今では2万人くらいが受験しています。

【建築CAD検定】
全国建築CAD連盟が主催している民間の資格になります。試験内容は建築の図面のトレースという実技のみですが、レベルに合わせて2級から4級という段階で分けられています。

【CAD利用技術者試験】
この資格は社団法人日本パーソナルコンピューターソフトウェア協会が認定している資格となっていて、種類は1級と2級の2種類があります。また、試験は年に6月と11月の2回です。検定料は2級が5000円、1級が14000円になっていて、併願する場合は17000円になります。

以上のようにさまざまな試験、資格がありますのでぜひ受験してみてはいかがでしょうか。きっとご自身の自信にも繋がると思います。

花嫁エステ
http://www.weiv.jp/

永久脱毛エステ
http://www.shintai.jp/

メンズエステプラソン
http://www.luxun.jp/

ブライダルエステ 背中
http://www.gbg.jp/

ピュウ ベッロ 脱毛
http://www.patigi.jp/
posted by ゆゆ at 15:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

CADの勉強の仕方

CADを今から勉強したい、学びたいと思っている方はいらっしゃると思いますが、どうやって学んだらいいのか分からないと言う方も多いと思います。今回はどんな勉強の仕方があるのかご紹介してみたいと思います。

【専門学校やスクール】
CADを基礎からしっかり学びたいのであれば専門学校やスクールに通うのが一番の近道なのではないかと思います。

学校と一言で言っても形態はさまざまあり、高校卒業と同時に専門学校で学ぶという場合、社会人が働きながら夜や休日に数時間教えてもらえるスクールという形態、工業デザインや建築関係の授業を行っている大学という形態、とさまざまあると思います。

CADオペレーターやCADデザイナーを目指しているのであれば専門学校に入り、集中して勉強するのもいいのではないでしょうか。

転職などを考えている人にとっては、まず資格を取りたいと思う人もいると思いますので、そういう場合はやっぱりスクールに通うのがいいのではないかと思います。

【独学】
既にCADを取得している人の中には、CADを学ぶのであれば独学で充分だと言う方も多いと思います。独学である程度の基礎知識さえ学んでおけば、あとは実践で経験積みながら学べば大丈夫と言う人もいます。

もちろんこの方法でも間違いではないのですが、パソコンなどの知識がある程度わかる人に限られる話なのかなと思います。
本当の初心者で独学として学ぼうとする場合は、かなりの強い意思と時間がかかると思います。

どういった形態で学ぶにしろ、自分に合った形で納得をして始めるのがいいのではないかと思います。

天然水 ウォーターサーバー
http://sszk.jp/

家庭用 ウォーターサーバー
http://www.said.jp/

水 宅配
http://www.webpan.jp/

痩身エステ
http://k-t-h.jp/

結婚相談所 後払い
http://www.sonho.jp/

posted by ゆゆ at 12:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

CADスクールを考える

CADオペレータは、今人気がある職業のひとつだと思います。CADで就職や転職などを考えている場合ですが、経験者ならともかく未経験者の場合は年齢的にも早い方がいいと思います。

年齢が少しいってくると実務経験が物を言ってきますよね。それだけの事が要求されると言うことです。結構厳しい世界ですね。

CADに慣れておくにはやっぱり独学や実務で経験を積むよりはスクールや、通信教育、専門学校などを利用してみるのがいいのではないかと思います。

一口に学校に行って学んだ方がいいとは言っても、お金と時間がかかります。限られた時間と予算を有効活用してCADの資格を取得したいと思うのであれば、教育給付金の対応を行っているスクールもありますし、体験コースや短期集中コースなどもあります。いろいろな情報を仕入れておくと選択肢が広がると思います。

CADの就職先としては設備、建築、設計、電子、機械、インテリア、車、アパレルなどざっと挙げてみてもこれだけの職種があり、今は即戦力が求められています。

のちのち、就職した後に即戦力として働ける基礎作りを、スクールなどで行ってみてはいかがでしょうか。

ソフトの使い方や、「CADとは」という説明や基礎知識、資格取得のための勉強とさまざまな角度からCADに関する勉強ができると思います。

自分のキャリアアップのためにも、ぜひスクールなど考えてみては。きっと転職や就職に有利な資格も自身も持てると思いますよ。
posted by ゆゆ at 14:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

CADスクールの受講料について

CADの技術だけならまだしも、インテリア関係のCADなど職種を限定して学ぼうとすると、独学だけではどうしても限界があるのではないかと思います。

スクールに通った場合でも、受講期間が職種の知識や技術も教わるために長くなったり、教材等必要となる資料の費用とかも重なって高くなったりしてしまう場合があります。

ですから、スクールを選ぶ際にはよく期間や費用のことなども重要事項として考えなければならないと思います。

事前にスクールに質問したりしてしっかり計算しておくことが大切となります。

よく、後で問題になってしまうケースとしては、各種試験前の対策講座は別料金として計上されてしまったり、教材費が思ったより高くついてしまったりするケースです。学費に関してはトータル費用制や月謝制などがあり、支払方法も一括払い、分割払いなどあります。ここで注意しておく点ですが、受講途中やむを得ずスクールを辞めなくてはならない場合、学費の扱いはどうなってしまうのかきちんと確認しておくことです。
一括払いした場合、途中で辞めても自己都合ということで、返金されない場合が多いです。確認をしないでトラブルになってしまうケースが非常に多いので注意しましょう。

スクールによっては厚生労働省から支給される「教育訓練給付制度」を用いている場合があります。対象となるのは、現在または過去に雇用保険にある一定期間以上加入していることです。自分がその受給対象であるかも含めて確認しておいた方がいいと思います。
posted by ゆゆ at 09:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

CADオペレーターで活躍したい

もしあなたがCADを使用して建築業界などでオペレーターとして働きたいと望んだとしましょう。CADの基本的なソフトの使い方から建築業界などで使用している専門のCADソフトなどの知識をしっかり持ち、使いこなせるようにならなければなりません。

そのためにスクールに通ってCADの基本的な操作方法、知識、専門的な操作方法、知識を取得する方法が一番おすすめではないかと思います。これは、建築業界に限ったことではなくどの職種でも同様です。

スクールでは個人のレベルに合わせて講座を準備しているところもあり、初心者でも無理なく始めることができるようになっています。
また、職種に合わせた授業内容のものや、資格取得のための講座も用意されているところが多いと思います。

例えば職種に合わせたコースとなると、CADデザイナーとしてインテリア業界で働きたいと考えている方用に3DCADソフト、CAD基本ソフトなどを学べるような授業内容で、CADについての基礎的な知識や操作方法や、インテリア業界に特化した知識や操作方法などをを説明してもらえるのではないかと思います。

また、機械設計ができるような工業CADデザイナーとして製造業界で働きたいと考えている方用に3DCADソフト、CAD基本ソフトなどを学べるような授業内容で、CADについての基礎的な知識や操作方法や製造業界に特化した知識や操作方法などを説明してもらえるのではないかと思います。

この他にも各業種に合わせた授業内容を展開しているスクールもありますので、自分に合ったスクールが探せるようにしてください。
posted by ゆゆ at 08:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

今CADスクールが熱い理由

最近、CADスクールに通って資格を取得している人の数が増えています。
その理由としてはCADを扱える人の人員不足にあるのではないかと考えられます。

では、なぜ人員不足になっているのかと言うと、昔は設計事務所や建設会社位でしかCADは必要とされませんでした。
しかし、今では電気や機械、設備、車、インテリア、アパレル、など幅広い職種で必要とされるようになったのが背景にあるのではないかと思います。

実際に雑誌や新聞の求人を見てみるとかなりの企業からCADの求人があることが分かります。それだけ求められていると言うことですよね。

こういった求人情報を目にした人がCADスクールに通うきっかけになっているかもしれません。

しかし、ここで疑問が上がるのがCADを習うのに年齢制限はあるのかと言うことだと思います。
CADは技術を習得すると言うことです。年齢はあまり関係がないと思います。

ただし、CADスクールに通って技術を習得したからと言って必ずしも就職できるとは限らないと言うことです。でも、資格を取得していると取得していない人に比べて就職の際に有利になる場合があるということかもしれません。

CADスクールのサイトなどを見てみると、主な就職先や卒業生の声などが記述されていると思いますので、ぜひ見て参考にしてみてください。

以上のようなことから、今CADスクールが熱いという理由がお分かりいただけるかと思います。
posted by ゆゆ at 16:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

初心者にCAD は無理?

 CADって何となく特別な技術が必要で、難しそうな気がしませんか? 特に初心者にはかなり難しいものなのではないだろうか?と感じる方はとても多いと思います。

 まぁ最初は何の知識もないですから、言葉の意味が分からないとか、パソコンのCADソフトが使いこなせないとか。だから難しいと感じてしまいますよね。
 でも、実際にはCADの操作と言うのはそんなに難しくないものだと思うので、不安になりすぎる必要はないと思います。

 CADとは簡単に言うとパソコンで行う図形の組み合わせ遊びみたいなものです。図面も複雑化してくると完成までに時間も労力もかかるでしょうが、基本的には線と円の組み合わせです。
 こういう積み重ね作業が苦手じゃなければすぐにCADを習得することができると思います。

 こういうことから考えてみてもCADがそんなに難しくないと言うことが、CADスクールの人気が衰えない理由のひとつではないかと考えられると思います。
 難しいとすぐにあきらめてしまいますから...。

 CADを使うことで、今まで実務経験の違いで起きていた製図上の微妙な差と言うものが起きにくくなります。そして未経験でもそれなりに製図や設計図が作成できる、という新たな職業ができたということになりますね。

 そのためにもスクールで基礎的な知識を学んで、実務ができるようにすることがいいのではないかと思います。
 初心者だからと言ってあきらめる必要は全然ないですよ。

 CADについて、このブログから分かっていただけたら嬉しいです。







posted by ゆゆ at 14:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。